前へ
次へ

中国語を学習することで広がる世界

中国語話者は、人口を考慮するとかなりの人数にのぼります。
世界で一番話されている言語であり、華僑も世界中に散らばっていることから、この言語ができればビジネスにおいても優位に立てることは間違いありません。
英語の話者が10億人と言われるのに対して、中国語はそれをうわまわることが予想されます。
具体的な数字はありませんが、多少地方によって方言に違いがあるとはいえ、台湾やシンガポール、それにマレーシアにも話者は数多く存在し、欧米諸国にも華僑がたくさん住んでいることを考えると、この言語を学習することで世界が広がることがわかります。
事実、中国語は国連の公用語に指定されていて、学習するメリットは大いにあると言えます。
近年、日本の大学では北京語を第二外国語に選択する学生が増えていて、人気の言語となっているのです。
同じ漢字文化圏であることから、日本人にとっては比較的容易に学ぶことが出来ると言われている言語が中国語です。

Page Top